HARUHISA WATANABE EXPEDITION

NEW DIARY

MONTHLY ARCHIVE

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

@ haruhisawatanabe.com
»サイトの利用について

大剛日記

2012.11.02

ソチに着いた

朝、宿のおじさんは、9時近くまで眠っていて、起きないものだから、台所が使えず朝食のカレーを食べるのが9時過ぎになったものの、無事に10時のフェリーの集合時刻には間に合ったのでよかった・・・

そして、チケットを買ったオフィスから10時を過ぎると皆、港へ向かった・・・さすがロシアへの船にはロシア人が多く・・・グルジアとも一味違った、色白なきれいな人が目に付くのであった・・・そして11時過ぎだったとおもう頃から、税関を通って船に乗り込んだのであった・・・僕は自転車の荷物をはずしX線検査をするのにけっこう手間どった・・・

そして、12時過ぎに、超高速船は、けたたましい勢いで黒海を渡っていった・・・

黒海の海岸線で水をなめたときはしょっぱくなかったけども、自転車を船の後ろの外に置いた関係で、塩につけたかのように自転車は海水で濡れ・・・なめると完全な塩水で、一刻も早く自転車を洗わなければならない状態であった・・・そして、日没が迫り・・・完全に日が沈んでから船はソチに着いた・・・税関で並んでいると、トルコ人と思われるおやじは、事あるごとに、僕の前に横入りしてきて、なんだか分からないけども、どうもトラブゾンの人と愛称が悪いように思えてしょうがないのである・・・

去年来たときはといっても2日だけだったけども、そんな事はなかったというかわからなかったのである・・どうもついてない・・・

税関の検査も、監視カメラもコンピューターに写真も撮られず・・・以外にシンプルで、X線検査もすんなりと済んで、出国すると言うときも、税関の紙を書こうとしていたら、そんなのは自転車の旅行者はいいよ!と言ってくれたのであった・・・

そして、今日は遅いので一晩、港で野宿しようかと思っていたものの・・・だめだと言われて、なんとか外で遅くてもやっている両替屋があり、そこで100ユーロと500ドルを変えた・・・僕の後から、何の仕事をしている人なのか不明だけども、すごい札束のルーブルをユーロに変えていて、見ていると1万ユーロくらいは行っているようであった・・・が、僕が見ているのにきずくと、その青年は険しい表情で・・・取るなよ!というような態度を示す・・・それは日本の銀行で平和ボケしているムードとは完全に違うのは一目瞭然であった・・・ただ、目の前に広がる世界は、北朝鮮を始め中国・キューバ・中央アジアの国々・カザフ・キルギス・タジク・ウズベク・トルクメン・アゼル・アルメニア・グルジアをはじめとするソ連の中枢をになってきたソ連であり、ソ連式スタイルの建物も、町の空気も何を取っても、僕にはこの上なく貫禄があるように思えた・・・

そして、バグザールというバスのターミナルと駅の中心を目指した・・・アメリカのファーストフード店のサブウェイやマクドナルドがあり、町は高層ビルが立ち並んでいて、町はピカピカで・・・途方もなく物価が高い雰囲気であった・・・これはトルコよりも格段に豊かな感じがした・・・バグザールは以外にもすぐ近くであった・・・そして宿を探す・・・結局タクシードライバーが教えてくれた・・・おばちゃんに聞けという訳で・・・駅の横におばちゃんがたまってて、聞くとクバルチーラとレギストラーツィアで2000ルーブルと言ってきた・・・そして、向かった先は超高級住宅の一室・・・なんと2000ルーブル・・・60ドルと言う・・・無理である・・・そして、おばちゃんはとてつもなく親切な人で、次のノーマルな1000ルーブルのホテルを教えてくれた・・・ホテルと言っても、おばちゃんが電話してから向かって、更に何の標識もなければただの家の地下室が改装してあるというところで自分で探すのは不可能なのである・・・

さぞかし、おばちゃんにチップを払うことになるのではないかと思いきや、何も払わなかったのである・・・

30分以上も宿探しに協力してくれて、おばちゃんの給料はいったいどこから出ているんだ?という状態であった・・・そして、夜の町へまずは夕食を食べに行った・・・「これが、本物のロシアってもんなのか・・・」・・・と見るもの全てが新鮮で、好奇心は尽きないのであった・・・いったいこの町の先にはなにがあるのであろうか?なぞである・・・

夜の町を散策すると、高級そうなレストランのエリアには、ひときわ高級なのが日本食レストランで、入ると、浮世絵のコピーやそれにひらがなやカタカナなどのふりがながふってあったり、寿司のメニューを見ても高そうであった・・・ロシアでは日本というものがある種の憧れというのか好奇心の的というのか、どこかブームになっているかのように思えた・・・

バスターミナルのレストランは比較的安く・・・まずカツレツだと思ったのが、魚のフライで、これが微妙な骨が所々あり、危なかった・・・そして、ボルシチも食べたのであった・・・うまかった二つで6ドルほどであろう・・・明日は土曜日でやっているか不明だけども外国人登録をする・・・そして、この辺の地図も仕入れたいところだ・・・あー眠い・・・もう眠る・・・

1102_01

1102_02

  • plus
  • minus