HARUHISA WATANABE EXPEDITION

NEW DIARY

MONTHLY ARCHIVE

2012年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

@ haruhisawatanabe.com
»サイトの利用について

大剛日記

2012.12.19

氷点下25度の朝

いやはや、昨夜はかなりパニクッタものである・・・足の冷え・・・サイクルコンピュータの故障・・・そしていきなりのマイナス23度・・・ただ・・・それでも・・・どんなに過酷でも、一日を終えてテントでバーナーを炊いて体を暖めて濡れた靴下や手袋を乾かす・・・贅沢にペルミネを山盛りを食べる・・・それからノースのインフェルノ・エンデュランス-40度の寝袋にVBシーツにくるまって眠る・・・夜の装備だけは今のところなんの申し分もなく・・・すばらしく暖かい夜が過ごせている・・・これがもし夜も寒いような事があったら、旅を続けるのはかなり苦しいものとなると推測する・・・

昨夜は気圧の谷の影響が夜にどの程度出るかと、気温がめまぐるしく変わるのではないか?と・・・外の見やすい場所に温度計をおいておいて、ちょくちょく眺めたけども、夕方の氷点下23度が最低で、それ以上は下がらなかった・・・

朝、今日はブーツの最後の試みである、インソ-ルを抜いた状態で、フリースを直に履いて、上にゴア・・・そしてVBソックスという組み合わせでやってみる事にした・・・

どうやら、少し行ってみると、といっても数キロでカフェがあったので、そこで温まったからなんとも言えないけども・・・先日ほどは冷え込みがやわらいだようにも思えた・・・

温度計は、氷点下25度を示していた・・・ガススタのカフェで、皆、従業員は、おっかなびっくりとでもいうムードで、自転車で・・・この寒さで・・・やってきたよ・・・どうのこうの・・・そして、おばちゃんやその他トラックドライバー達は、携帯のカメラで僕を撮りはじめ、なんだかんだ・・・

トイレで、冷えたほっぺたを見てみると、左に一箇所3cmほどのひし形に白くなっていて、いやーこれがきっと凍傷のはじまりというものなんだな・・・という事が初めてわかった・・・がそれは、食事を食べ終わった頃には、消えていた・・・とにかく、この荒野というかツンドラの極地で・・・もうここでお金を使わなかったら使う場所はこの先は無いので・・・初めて300も使ってロシアの料理をフルコース食べた・・・ボルシチにカツレツにマシュポテトに野菜のサラダ・・・パン・・・デザートはチェリーパイと更に持参した紅茶と、すっかり満足して自転車をこぎはじめた・・・出発して、やはりずっとヤッケの上下を着ずに来て、さすがに風を受けると寒いので、ためしに着てみると・・・ここのところの、すぐに足が冷えたのが、どうも血流の問題のように思え・・・足へ血が行き届く前に血液が冷えているということで、ずっと足が冷たかったのか、どういう事なのか、ヤッケを上下着たら、なんと足の冷え込みがあっというまに和らいだのである・・・これは、予想外であった、ずっとブーツの問題だとばかり思っていたのである・・・当然ブーツも原因だけども、明日はフリースのズボンをさらに履いてみたくなった・・・まあ、とにかく、昨日は、パニクッて、弱気になって我ながら敗退を自分自身に宣言したけども、今日はまた立て直した感じである・・・

冷たいジュースが飲みたくなり、あるガススタで安いテルモスを買ってその中にジュースを入れて持ち運ぶことにした・・・がとりあえずは暑い紅茶を入れておいた・・・途中、地図にも載っているカフェの今日二つ目の店があり、入ると、どうも今朝のガススタのトラックドライバーの仕業なのか?トラックドライバー達の無線で・・・ヤポーニャ・ベロスペット・ムールマンスク・・・という・・・日本人が自転車でムールマンスクを目指している事が知れ渡っているのか・・・さっそく僕に分かっているかのように、ムールマンスクへ行くんだって?と言ってきて・・・僕のほうこそ驚いてしまった・・・このカフェはバラック小屋といった感じであんな立派な地図に載せられるような代物ではないかのようにも思えた・・・ここでケチャップを仕入れた・・・朝、カフェで温まった体は、3時間くらいはもった・・・がその後は、かかとが冷え始めたり・・・足が冷えたりなんだかんだで・・・それでもテントで温まるまでの辛抱だというよりも、足の指を動かしたり、サドルの座り方を変えてみたり歩いてみたりしながら、なんとか夕方まで自転車をこいだ・・・が今日も昼を過ぎたあたりから、サイクルコンピュータが止まったり動いたりという繰り返しで、もう距離で自転車をこぐのは無理なので、暗くなる前のちょっと余裕のある4時少し前までこぐのであった・・・道は、ずっとなだらかだったのが、急激といったら言い過ぎだけども、かなりのアップダウンがこまめに始まり・・・あれを超えたら平地かな・・・と思って進むと下ってまた上りなおしというきりのないアップダウンがどこまでもつづいている・・・ムールマンスクは下手すると、ソチ周辺ほどではないにしろ、かなりのアップダウンのある地形なのかもしれない・・・いやはや、昨夜のパニック状況から少しゆとりを取り戻した・・・でも今後気温が下がる一方で一度下がると上がることだけは、まず無いようなので、継続して思考錯誤して、本当に限界がきたらとりあえずはすぐにテントを張って温まろうと思う・・・さて今日は、さっきカフェで分けてもらったというよりも買ったケチャップがボトル一本ある、すでに凍っている、・・・が、うまいペルミネにかけて食おうと思う・・・イザ・・・ディナータイム!!

1219_01

1219_02

1219_03

1219_04

1219_05

1219_06

  • plus
  • minus