HARUHISA WATANABE EXPEDITION

NEW DIARY

MONTHLY ARCHIVE

2012年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

@ haruhisawatanabe.com
»サイトの利用について

大剛日記

2012.12.04

バルダイは雪

しかし、昨夜はうとうとして一眠りして、そういう、うとうとした眠りは何日もなかったので、たったそれだけでも疲労が和らいだ気がした・・・朝、外は吹雪いていて、愕然とする・・・時計を見ると7時頃で、ふと次に見たときには、時間が1月1日の6時というついに、スントが壊れたのかと思う現象が起きたのである・・・推測、ベランダに出て急激に暖かい部屋に入っておかしくなったのか、それか先日パネルが、結露してその影響なのか何なのか真相は不明だけども、宿の時計を見て時刻を直したけども、これが何も無い場所だと、困るかもしれない・・・

昨夜から喉の痛みが長いので、抗生物質を飲んでみたら、一発で利いたようで、喉の痛みは引いた・・・ほんとよかった・・・

昨夜は、何から手を付けていいか分からない状況あったようで、自転車のプーリーを見ると、チェーンの通し方を間違えていた・・・全てのグリスアップをしたくなったけども、やはりワイヤーが毛羽だっている関係でアウターを外すと、戻せなくなるのは目に見えているので、やめた・・・その代わりに、念のため道路の塩カルなど凍結よけの粉末などによる、自転車のパーツのサビがあるのではないか?と思って、部屋のタオルをウエスにさせてもらって、リム・ハブ・ペダル・フレームと雪にまじれて泥だらけの自転車を拭いてみる・・・予想は的中で、マグネシウムのペダルが最もサビが目立った・・・

そして、チェーンは本来ステンレスでピカピカしているものが、やはり泥や砂を噛んでシフトしている関係で磨いてもきれいにはならないのであった・・・が、ここで自転車をきれいにしなくてもいいかと思っていたが、とんでもなかった・・・やってみるものである・・・

そして、今日の目的は、やはり今後吹雪きとなるというのは容易に想像がつくので、まずなんとかして、上着のカッパ・・・あるつり道具屋で、カモフラージュのいちようシーリングしてあるカッパを買った・・・

そして応急処置としていた安いロシアのウレタンマットは表面のアルミ箔が剥がれて、さらにボリュームも最初の半分くらいになりはじめ、また冷え込むのも時間の問題と思われたので、無駄だけども180cmもあるしっかりしたマットを買ってカットした。が、もったいなくもいくつかは置いていくしかなさそうである・・・

通りへ出ると、昨日、僕が話し掛けていながら、あまりにも人相が悪く、この先の刑務所上がりかと思うような2人組にまた町で2度も会って・・・あっちから、電話がどうのこうのと話し掛けてきた・・・そして最後は、あるおばさんが話し掛けてきて・・・なにやらコピーテレフォンという、何なのか不明で、ほんとに電話がかけれるのか不明だけども、端末を売りつけたいようで、説明するものの、僕は一言、ロシア人のよく使う・・・「二ナーダ!」と断ったのであった・・・通りを歩く子供や女性を今日改めて見てみると、ことごとく青い目に金髪という感じで、ここがもう北欧に近いという事を痛感するのであった・・・が、猛烈に冷たーい美人ばかりで、しょうじき見たくもない・・・この土地で生きる人に他者を受け入れるような寛容さは感じられない・・・つい見とれて、写真撮らせて!と言いたくなるだけ、かなりの無駄な労力なのである。

そして、何を思いついたか、ついにフロントバッグに、何としてもヤッケやその他を押し込むために、邪魔くさいボリュームの無い雨蓋をある裁縫道具屋にナイロンベルトがあったので、いろいろ思考錯誤して、あるミシン職人のおばちゃんに頼んでいろいろと縫ってもらった・・・まあまあの出来だと思う・・・

一通り、思い当たる準備は済んで、まだスキー板と橇は、いまいちいいのが見当たらないので先伸ばしとした・・・そして夕方に遅い、昼ご飯として、昨日も食べたピザ屋でささやかなる贅沢をしに向かった・・・ナルチスというお姉さんのお勧めのキノコのサラダ、が、少しきゅうりが入っていた・・・そして、昨日につづいて安くておいしい、鳥のてばさき、クリブシクイ・クリンネ・・・そしてトマトとチーズのピザ・・・マルガリータ・・・が、僕にとってはささやかなる楽しみであったのだが、横に男女2人ずつの若者がいて、何なのかこっちを見るかのように、笑い転げはじめて、僕が店を出るまで、あまりにも不愉快な時間であった・・・が今から考えると、ロシアというのは、カフェがある種の唯一の無礼コウ的な環境なのかもしれないな・・・とも思うのであった・・・というのも小さい子が店を出るとき語りかけてくるのである・・・これはロシアではまずありえないので、きっと何か、やすらぎの空間なんだと推測する・・・

が、僕にとっては正直やすらぎでもなんでもないのでもう二度とこういうレストランには入りたくない・・・というか、帰りの長いシベリア鉄道を考えると、今回のような不愉快な事があるとすると嫌なものである・・・今後アジア系をターゲットとしたネオナチ系もいるかもしれないので気を付けなければならない・・・が、今日のは差別だと思うし・・・軽いネオナチだとも思うのである・・・さて、シャワーもあびたことだし明日の朝までゆっくりしようと思う・・・明日からまた極限のキャンプが始まるのである・・・

  • plus
  • minus